資産運用を始めよう! 仮想通貨とは?

1151

ビットコインの購入はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
LINEで送る
Pocket

はじめに

はじめまして。ビットヒーローと申します。

簡単なプロフィールは固定ページへ掲載しておりますのでそちらをご参照下さい。

またフェイスブック、ツイッターなども活用しておりますので、よろしければそちらもフォローもお願い致します。

さて、資産運用について日頃いろいろ考えているわけですが、やはり我々の生活をする上で「お金」というのは一番ではありませんが、必要不可欠な存在だと思います。

そこで当ブログでは、資産を増やしていく方法について、リアルタイムに情報を発信していきたいと思います。

投資スタイルについて

まず、私の投資スタイルについて説明します。

現在の貯金額は約260万円です。

この中で生活防衛資金としての私が働けなくなった時のため、200万円(20万円/月×10か月分)は切り崩しを行いません。

残りの60万円を資産運用に回しているのですが、これでは元本が少なすぎます。

仮に60万円を年利3%で15年運用した場合のシミュレーションを実施してみます。

シミュレーションはこちら 

資産運用シミュレーション

元本60万円が、15年で 93.5万円と+33.5万円となりました。(そもそもまず年利3%というのも結構難しいのですが)

もちろん毎年投資できる資金を追加してく複利で運用していけば、結果も変わっていくのですが、やはり元本が少ないと運用収益も少ないです。

私の様に20代及び30代前半の方では同じような悩みを持たれている人も多いかと思います。

 

ですので、私のスタイルとしては元本を出来るだけ増やす事を目的に、ハイリスク・ハイリターンで実施していきます。

現在はハイリスク・ハイリターンだと言われていますが、効率よく運用すれば必ずしもそうではないと思います。

それをこのブログで証明できれば良いなと思っています。

投資対象について

現在私が勉強している投資は、ソーシャルレンディング、レバレッジ付き定期外貨取引、IPO、外貨オプション、仮想通貨などいろいろあります。

当ブログでは、暗号通貨をメインとして投稿してきたいと思います。

暗号通貨について

それではさっそくですが、暗号通貨とは皆さんご存知でしょうか?

動画ですが、池上さんの解説を聞いてみましょう。

一般的には電車でSuicaなど利用の際に1,000円で1,000ポイントを購入し、その1,000ポイントで電車に乗れる非常に便利な機能がありますよね。

これはJRという企業がスイカのポイントを保証してくれているから成り立つわけですが、暗号通貨はそれの世界版(P2P版)といった所でしょうか。

ホントにお金として大丈夫なの?とうい疑問が残りますが、社会情勢が不安なアフリカなどでも利用されているように、円やドル以上に利便性が高くて利用しやすいため、皆がお金として利用価値を認めている間は安全な様です。

暗号通貨の種類について

それでは暗号通貨とはどれほどの種類があるのでしょうか。

なんと1,000種類以上もあるようです!(多すぎですね・・・)

しかも、現在進行形でどんどん増えているようです。

最近では三菱UFJ銀行が独自の仮想通貨を作ることを発表しました。

下記が2016年8月14日時点のランキングです。

サイトはこちら→仮想通貨時価総額ランキング

Screenshot

市場規模としてはビットコインがダントツですね。

続いてイーサリアム、リップル、ライトコインと続いています。

当サイトでの暗号通貨の投資対象は一番取引量が多い「ビットコイン」です!

次回はビットコインについてお話していきたいと思います。

以上、ありがとうございました。

お問い合わせはこちら!