ビットコインニュースまとめ:2016年9月1日

ビットコイン

ビットコインの購入はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
LINEで送る
Pocket

こんばんは。ビットヒーローです。

今日もビットコイン関連ニュースをお届けします。

JPX(日本取引所グループ)のブロックチェーン技術評価レポートを読む …

ビットコインとはとどのつまりIngressである。というのが両者を一通り調べての所感である。

各所の記事で書かれているのでご存じの方も多いと思われるが、IngressはポケモンGOの前身と位置付けられるゲームである(前々回及び前回のポケモンGOについての記事参照)。

慣れてみるとなかなかに奥深く面白いゲームであるものの、ヒントや説明なしでいきなり触るには実にとっつきにくく、位置情報・地理情報系の研究者の方とも、「広まったら面白いこと出来そうだけれども、このゲームの作りでは一般人にはハードル高いですね」との共通認識を得ていた。

つまり、これから世の中に起こりうることを鮮やかに示しているものの、そうはいってもあくまでプロトタイプであり普及品には見えない。というのが、今でも変わらないIngress評である。あの武骨な作りのIngressに魅了された少なからずの人々は、そこに何かの未来が透けて見えることを直観的に感じ取り、面白がって触っていたのではないかと考えている。

ビットコインにも似たような空気を色濃く感じる訳であるが、では何のプロトタイプなのか。

IngressにおけるポケモンGOに該当するものは何か、との問いに対してはまだはっきりとした回答はない。いま分かっているのは、ブロックチェーン技術の優れたユースケースがビットコインということであり、ブロックチェーン技術の可能性を、論文やモデルではなく、実際動くものとして示したのがビットコインである。

ビットコインにおけるポケモンGO=ブロックチェーン技術の大ヒット実装ケースになるかもしれないのが、例えばで金融取引への応用である。どのような分野への応用がどれくらい可能そうなのか、JPX 日本取引所グループからの実証実験を伴った実証レポート(PDFリンク)が出されたのでざっと見てみたい。

◇ 今すぐは使えないが大きな可能性

金融市場システムの様々な分野への応用可能性が検討されているが、結論としては、いますぐ大規模に使えるものでもないし、実用には技術開発もまだ必要であるが大きな可能性を秘めている、というものとなる。

DLT を金融市場インフラに活用した場合、いくつかの課題があるものの、新たなビジネスの創出、業務オペレーションの効率化、コストの削減等に寄与し、金融ビジネスの構造を大きく変革する可能性の高い技術であることが分かった。

ビットコインはコインとついているから、金融サービスへの応用が出来るのではないか、とつい連想してしまいそうであるが、蓋を開けてみるとそう簡単ではない。レポートでまとめられているこちらの要件整理図にあるように、ビットコインの売りにしている特性と、金融市場でのニーズはむしろ揃っていないところが多い。
028:金融市場が求める DLT の構成
よって、技術評価の結論としては、秘匿性の担保やスループット性能の不足から、金融市場要件を満たした規格の成熟や補完技術の開発が必要であり今日明日に実装に着手出来るものではないとされている。

このレポートから推察する限り、ブロックチェーン技術が世の中に出てくるのは(ビットコインを除くと)金融取引以外の分野での第三者証明、認証、取引の自動化といった金融分野以外のテーマの方が早く立ち上がりそうに見える。

◇ ブロックチェーン技術の実用化検討範囲

ブロックチェーンの応用用途を簡単に知るには例えば、経産省の一枚まとめページが読みやすくごくコンパクトにまとまっている。

ブロックチェーン技術を応用すれば、個人の権利の証明にも使えます。例えば、土地を取引するときに、電子署名と土地の権利情報が書かれたデータをブロックチェーン上で管理すれば、役所の登記簿は不要になります。
また、住民票も、台帳自体をブロックチェーン上で管理すれば、住民本人と転居前後の自治体の電子署名により、手続き完了の証明となります。

さらに応用を広げると、食品などの生産・取引データを記録すれば、廃棄食品の横流しなども防げます。映画や音楽などの著作物も、正規版の証明ができます。

そして、今後は、IoTや人工知能によって、モノ同士の取引というのも増えていくと予想されています(洗剤を自動発注する洗濯機など)。こうした爆発的に増加する取引を適切に管理するには、情報を一元管理しないブロックチェーン技術が有望だと考えられています。

もうちょっと詳しくは、モデルや専門用語が多数出てきて少々ハードルは上がるものの野村総研のレポートを。

末尾になるが、JPXのレポートで個人的に気に入ったのが報告書の末尾の方にあるこのフレーズ。

DLT の適用によるイノベーションは、その技術的特性を可能な限り活かしつつ、既存の業務プロセスを見直すことで初めて得られるものと考える。金融市場インフラにおける DLT の適用においては、既存の業務プロセスに精通した主体を中心に検討が進むと思われるが、既存プロセスに拘りすぎて DLT の利点を損なうことがないよう注意が必要である。

ブロックチェーン技術に限らず、新しい発想とアプローチで組まれた新技術が出てくると、やたらと叩いたり逆にやたらと雰囲気だけで持ち上げたりとする動きに世の中なりがちである。良く言われる、「イノベーションが進まないのはどうして?」との問いへの答えの一つでもある。

ビットコインをingressに例えると妙に納得してしまいました。面白い記事ですね。

これまでニッチな層に革新的なゲームだ!と人気があったinngressが世界的人気なポケモンと合わさり化学反応を示す事で、爆発的なヒットとなりました。

同様にビットコインも潜在的なポテンシャルは秘めているんですが、どこか飛び出せない感じは多くの方が感じているのかもしれません。

ビットコインの核となるブロックチェーンの技術は多くのものに応用が効きそうです。ただこれだ!という分野までには至ってないのが現状です。

あと数年後~数10年後にはどんな世界になっているのか楽しみです。

ブロックチェーン推進協会 技術者育成こそが市場立ち上げ・拡大のカギ …

ブロックチェーン推進協会(BCCC、平野洋一郎理事長、インフォテリア社長)は8月17日、ブロックチェーンの普及促進と市場の立ち上げを担うエンジニアやビジネスパーソンを養成すべく、ブロックチェーン大学校を開校した。「インターネット以来の技術革新」ともいわれるブロックチェーンだが、正真正銘の黎明期にあることから、体系的な情報収集や教育の機会はほとんど存在しなかった。そのため、まだまだ技術者も少なく、当然ながらブロックチェーンを活用した新しいビジネスを企画できる人材も著しく不足している。ブロックチェーン専門企業が中心となって立ち上げた業界団体であるBCCCは今年6月末、この状況を打破すべく、国内初の試みとして体系的なブロックチェーン教育の場を設ける方針を打ち出していた。果たして、ブロックチェーンビジネスの市場創出をどの程度後押しすることになるか――。(本多和幸)

シリコンバレーのカリキュラムを日本向けに

 ブロックチェーン大学校は、受講生の対象を「ブロックチェーンを利活用するエンジニア」、もしくは「ブロックチェーンの導入を検討する金融機関・企業等の担当者」と規定している。また、BCCC会員企業に所属していることも受講の条件だ。第1期~第3期までの3クールで、各定員30人、計90人程度にまずは入門編ともいえる講座を受講してもらう。第1期は8月17日にスタートした。第2期は9月13日に開講することが決まっており、すでに受講者の募集も始まっている。各期とも、1回2時間、全8回の講義が予定されている。 第一期生としてまずは30人がブロックチェーンの基礎を学ぶ  カリキュラムの提供と講師の派遣は、BCCC会員企業のビットバンクが担う。カリキュラムは、米ブロックチェーン・ユニバーシティが提供する教育プログラムを同社が独自にアップデート、ローカライズした。内容は、ブロックチェーンのオリジンであるビットコインについて、歴史や技術・サービスの詳細を学ぶというものだ。また講師は、米国出身のビットコイン研究者で、ビットバンク技術顧問のジョナサン・アンダーウッド氏が務める。BCCC副理事長であるテックビューロの朝山貴生社長は、「ブロックチェーンはビットコインで生まれた技術。ビットコインがどのように始まって、どう改善されてきたのかを学ぶことで初めて、ブロックチェーンを深く理解できる。シリコンバレーで定評のあるカリキュラムをビットバンクが日本向けにもってきてくれたので、非常に内容の濃い講座になるだろう」と自信をみせる。 カリキュラムを提供するビットバンクの廣末紀之CEO(右)と、講師を務めるジョナサン・アンダーウッド技術顧問  ビットバンクは過去2年程、ブロックチェーンやビットコインの勉強会を継続的に開催してきた。市場が拡大するには、ブロックチェーンを活用したアプリケーションが世に出て浸透していくというプロセスが必要で、そのためにはエンジニアの質と量が重要だと考えたからだという。しかし、そこで大きな課題が浮き彫りになった。同社の廣末紀之CEOは、「ジョナサンと私の二人で全国をまわり、手弁当で頑張ったが、単発の勉強会ではコミュニティも広がらず、限界があることを痛感した。産業の拡大に貢献するために、きちんと体系だった情報を伝える場をどうつくるか模索してきたが、BCCCが誕生してそこに加盟したことで道が開けた」と話す。  今回、第1期から第3期にわたって提供するカリキュラムは、入門編の「ブロンズ」コースと位置づけられる。ビットバンクは今後、「シルバー」「ゴールド」といった上級コースのカリキュラムの作成も手がけたい意向だ。「ブロックチェーンの応用や、これを活用した新しいビジネスの企画のためのスキルも身につけられるものにしたい」と、廣末CEOは意気込む。

ブロックチェーン大学校出身者が市場を立ち上げる

 BCCCの加盟企業は、今年4月の発足以降増え続けており、ブロックチェーン大学校開校の時点で、80社に達した。開校式で平野理事長は、「当初、BCCCの会員としてはブロックチェーン技術のプロバイダが多かったが、SIerやブロックチェーンの活用を模索するユーザーなども加盟し始め、そうした属性の企業からの引き合いも増えている」と説明した。実際に、金融分野の大手ユーザーである大和証券グループ本社や、金融分野で実績がありブロックチェーンの実証実験などで先行している大手SIerの電通国際情報サービスもBCCCに加盟している。 (左から)平野洋一郎 理事長、朝山貴生 副理事長、兼元謙任 理事  ブロックチェーン大学校第1期の受講生は、ブロックチェーン技術のプロバイダ所属エンジニアが大半を占めているというが、平野理事長は、「ブロックチェーン大学校の開校がBCCC加盟企業の増加を後押ししている側面は間違いなくある」との見解も示した。  また、ブロックチェーン大学校の運営を担当するBCCC理事で普及委員会の副委員長である兼元謙任オウケイウェイヴ社長は、同じく開校式の挨拶でブロックチェーンのポテンシャルの大きさを強調しつつ、「ブロックチェーン大学校で学んだ人たちが市場を立ち上げていくだろう」との期待を表明。BCCCが取り組んでいるブロックチェーンコミュニティの拡大について、手応えを感じている様子をうかがわせた。…

こちらもブロックチェーン関連のニュースです。

ブロックチェーンの今後を握るのは技術者の存在ですが、その技術者を育てるためにブロックチェーン推進協会はブロックチェーン大学を開設したそうです。

日本でこういった動きあるのは嬉しいですね。

どうもアメリカや外国諸国に比べて日本の動きというのは遅いように感じられますが、技術の黎明期にいち早く一番乗りすることは本当に大事だと思うのでこういった対応が実ることを願っております。

さいごに

ビットコインは関係ないんですが、毎月1日は映画館が1100円なので、仕事終わりに新海誠監督の最新作「君の名は」を見てきました!

何も知識を入れずナチュラルな状態で鑑賞したので、次の展開に驚きの連続で本当に楽しく見る事ができました。

今まで見てきたアニメ映画の中でもかなりの上位に入ります!声優の神木隆之介くんや上白石萌音ちゃんも違和感なくよくある知名度のために芸能人を起用しましたっていう感覚は全然なかったです。

なにげに長澤まさみも出ていたことにビックリしました。

また、映像的な美しさもそうですが、文学的な美しさというか日本語の意味合いって素晴らしいなって感じれる演出も良かったです。

まだ見ていない人は是非映画館で見て欲しい!私は1,800円を出してもまた見たいと思えるくらいの良作でした。

以上、ありがとうございました。

 

お問い合わせはこちら!