ビットコインニュースまとめ:2016年8月30日

d21020-1-559461-2

ビットコインの購入はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
LINEで送る
Pocket

こんばんは。ビットヒーローです。

2016年8月30日のビットコイン関連で選りすぐりのニュースをお届けします!

ビットコインの使い方で「アーリーアダプターと最新テクノロジーの関係」が分かる?

米マサチューセッツ工科大学で行われたビットコイン実験から、最新テクノロジーに目ざとい「アーリーアダプター(early adopter)」ほど、何らかの事情で周囲に出遅れた場合、そのテクノロジー自体に拒絶反応を示す傾向が強いという、興味深い事実が判明した。

実験素材として利用されたビットコインに関しては、50%の生徒が受領手続き自体を最長2週間放置したほか、11%が受領後2週間以内に換金するなど、「若者の間でも現金ほどの価値がない」と受けとめられているようだ。

■ビットコインの将来性は期待されているが、やはり現金が有利

この実験は2014年10月からマサチューセッツ工科大学の在籍学生4494人(うち36%はコンピューター科学部に在籍)を対象に、「採用の初期段階に あるテクノロジーが、どのようにして普及していくいくか」という点に重点を置き、革命的な技術や商品に対する拒絶反応なども含めて、各学生の行動を分析し たものだ。

具体的には参加学生に各100ドル相当のビットコインを無料で配布し、どのように利用されるかという動きを追った。

多くの在学生がビットコインの将来的に期待しており、「半年以内に価格が下がる」と回答したのはわずか17%。

しかし在学生全員が興味を示し実験参加を申しでたにも関わらず、半分が受領手続きを放置し、実際の実験参加に遅れたという時点で、「ビットコインを通貨扱いしていない」という潜在的な意識がチラついている。

全体の70%がデジタルウォレットでの受けとりを選択したが、そのうち89%はデジタル通貨初心者だった。

参加学生はビットコインを「投資対象(35%)」、「現金の代用(21%)」「オンライン取引ツール(20%)」と見なしていた反面、11%が実験開始後2週間以内に換金する(指定以外のウォレットに転送した可能性も考えられる)。

総合的な実験結果から、受領が遅れた生徒(後期採用者)ほど、換金する速度も速かったそうだ。

■「一番のり」だからこそ、そのテクノロジーに愛着がわく?

実験の本来の目的は、アーリーアダプターと最新テクノロジーの関係を探ることであり、初期採用者の特徴や市場への影響力を割りだす試みだ。

革命はアーリーアダプターから広がるという観点から、受領期限はあえて設けず、最初に実験参加手続きをすませた777人(全体の25%)が主要な被験者として絞られた。

これらの学生は、後期採用者よりも、ビットコイン、特に価格上昇についての予備知識が豊富だったとの可能性も否定できないものの、配布されたビットコインを実験終了まで大切に取り扱っていたそうだ。

実験からはもう一つ、「周囲よりも最新テクノロジーに出遅れた生徒は、そのテクノロジ―自体に興味を失う」という分析結果も報告されている。

つまり普段は周囲の誰よりも早く、最新の商品やサービスを取りいれているタイプが、周囲に先を越された場合、その商品やサービスには着手する気が損なわれるということだ。
「誰よりも早く」という意識が強く、だからこそ周囲よりも先に手にいれた商品やサービスに愛着がわくのだろう。

さらには出遅れたアーリーアダプターが拒絶反応を示したという影響は、ほかの層にまでおよぶことから、新テクノロジーの普及はアーリーアダプターが握っているといっても過言ではないだろう。

GoogleやAppleといった大企業の成功の裏には、アーリーアダプターへの絶妙なアピールがあるものと推測される。(FinTech online編集部)

 米マサチューセッツ工科大学でビットコインの利用実験があったようですね。アーリーアプターとは新しいものをいち速く利用することで愛着がわくという事らしいですが、この気持は少しわかります。

 周りが知らない情報を自分だけ持っていると優越感がありますが、自分がそれに出遅れてしまうとなんだか手を出しづらい現象ですよね。

 自分の経験でゆうとモンスターハンターに出遅れて周りはワイワイやっているのに自分はなぜか遠回きでしか見ていませんでした。なんだか後から参入するのが悔しかったんですよね。

 ですがこの実験結果とビットコインは関係ないと思いますよ。だって通貨(お金)ですもん。利用しないといろいろ不便ですよね。まあ気持ちはわかります。。

 続いてのニュースです!

ビットコイン—消費税の課税対象外への検討が開始

現在、ビットコインには消費税がかかっているが、同様に支払い手段として使用される小切手などは非課税として例示されている。欧米においては非課税がスタンダードであり、金融庁は2017年度の税制改正要望で消費税の取り扱いを明確にする方針。

《TN》フィスコ

なんとビットコインが非課税んお可能性があるとのニュースです!これは嬉しいですね。もし実現すれば資産運用として大変注目されるはずです。現在投資関連の非課税ではNISAや確定拠出年金などがあります。こういった制度にビットコインが並ぶと面白いですね。

ビットコインで「いいね!」や応援、感謝のチップを贈り合う「CloudTip …

フォーランドマーケティング株式会社(東京都中央区/代表取締役社長:粕谷朋弘)は、インターネット上で情報発信や創作活動を行なう人に、日頃の活動を応援するための少額のチップを仮想通貨ビットコインで贈る(または受け取る)ことができるブロックチェーン連動型プラットフォーム「CloudTip」を公開しました。

■サービスの概要・目的
インターネット上には、無料で楽しめる小説・イラストなどの作品や、便利なサイト、ブログが数多くあります。
個人の方が無償で制作、更新している作品、サイトも多く、ファンや利用者であれば、単に「いいね!」とアクションするだけではなく、相手の活動を応援する少額のチップや、感謝のメッセージを贈りたくなったりすることもあるはずです。
コンテンツ提供者から見ると、普段は知り得ない自らのファンから直接贈られる応援、感謝のチップやメッセージは、他に代えられない大きな満足を与えてくれ、活動へのモチベーションが一層高まることでしょう。

例えば、「ありがとう」「頑張れ」という気持ちを伝える時、友人に缶コーヒーを差し出すように、インターネット上で有益なコンテンツを提供してくれる「あの人」に、日頃の感謝の気持ちを込めて缶コーヒー相当分のビットコインを贈ったり、自分の活動を応援してくれるファンの方から、苦労して仕上げたコンテンツを公開した時に、生ビール相当分のビットコインをもらって喜びを分かち合ったり…。

CloudTipは応援のチップを通じたインターネット上の“つながり”という、新しいコミュニケーション体験を提供します。Facebook、Twitter、Googleアカウント、又はメールアドレスで簡単に会員登録が可能です。
パソコン、タブレット、スマートフォンでお気軽にご利用ください。

CloudTip:https://cloudtip.jp

■差し入れ感覚でチップアイコンを贈ろう
缶コーヒー、栄養ドリンク、ケーキ、生ビール、ランチなどのチップアイコンを選択すれば、相当額のビットコイン数量を自動計算して送金できます。その時の気分に相応しいチップアイコンを相手にお贈りください。
また、「○mBTC」といった数量指定の送金も可能です。

■サービスの内容・機能
1)ビットコインウォレット(My財布)
2)プロフィール登録、コンテンツ投稿などを行なうMyページ
3)チップ送金機能
4)お気に入り、フォロワー、メッセージなどのSNS機能
5)ブログなどに貼り付けるチップ受付用ウィジェット
6)各種設定・通知機能
※登録無料。また未登録でもチップの送金は可能です。

■1mBTCずつ貰える招待キャンペーン実施中
ただいま、招待者と招待された人の双方に1mBTC(約60円)のチップを贈呈する招待キャンペーンを実施中です。ビットコインをまだ持っていない人でも、チップを誰かに贈る体験ができる絶好の機会です。
(例)運営公式アカウントからの招待ページ:https://cloudtip.jp/invite/BXCfQX7F_A8

 

■チップがビットコインである理由
ビットコインは、送り手側のウォレットから受け取り側のウォレットへ低コスト(数円程度)で送金でき、通常30分〜60分程度で着金確認ができます。
送る側も受け取る側も銀行口座情報やクレジットカード情報を登録する必要はなく、本名を登録、通知する必要もありません。本サービスに登録していなくても、登録者宛てにチップを送金することもできます。
その場で簡単に送金できるため、インターネット上の相手に贈るチップとして、ビットコインは最適と言えます。
もらったビットコインは対応店舗などで支払いに使えるほか、ビットコイン取引所で換金することもできます。

■ビットコインとブロックチェーン
ビットコインはブロックチェーン技術を基にした仮想通貨です。2009年に誕生した後、今では日本国内だけでも数十万人規模のビットコイン保有者がいると推測されており、今後も世界中で利用者が増加していく見通しです。
ビットコインは、特定の国・企業といった発行主体が存在しない、技術内容が全て公開されたオープンソースであり、送金、残高情報は改ざんできない仕組みで世界中に分散して保存され、公開されています。
本サービスを利用したビットコインの入金、出金、チップ送金の情報も、全てビットコインブロックチェーンに記録されます。

■会社情報
会社名:フォーランドマーケティング株式会社
所在地:東京都中央区銀座7-5-4 毛利ビル5階
代表者:粕谷 朋弘
URL:https://cloudtip.jp

公式ブログ:http://blog.cloudtip.jp
公式Facebook:https://www.facebook.com/cloudtipinfo
公式Twitter:https://twitter.com/cloudtipnews
お問い合わせ:https://cloudtip.jp/contact/index

ビットコインはチップを送るという手段に最適だと思います。

例えばユーチューブの動画を投稿する画面にビットコインの入金用QRコードを載せておけば、その動画に賛同した人から手軽にチップが貰えると思います。

また、24時間テレビもビットコインで募金をすればもっと金額は増えていくと思うのでいいと思います(*^^*)

さいごに

いかがでしたでしょうか?

個人的にはビットコインで非課税制度導入か?という記事が一番おもしろかったです。

というか欧米においては非課税がスタンダードなんですね、知らなかった。。。

以上、ありがとうございました。

お問い合わせはこちら!